So-net無料ブログ作成
北欧旅行 ブログトップ
前の10件 | -

二泊三日北欧旅行? [北欧旅行]

去年10月、僕らは新婚旅行で北欧へ行きました。
今考えてもなんとも夢のような経験でしたが、
今後、また同じような旅をしようと思っても、
ここ数年はなかなか難しいです。
有休だとかなんだとかいろいろ…
でも北欧にはまた行ってみたいです。

今日、NEWS23で日本航空のニュースを見てふと思いました。
僕ら夫婦は、結婚前は、電車で山形県今泉駅まで行ってそのまま帰る、
そんなことをよくやってました。
ただ行って帰るだけですが、途中の車窓からの景色は最高でした。
それを飛行機でやってみたらどうか?
ただスカンジナビア航空の飛行機に乗って
デンマークのカストルップ空港に行き、
買い物をちょっとして、そのまま帰る。

これなら有休を取らなくても、3連休あれば行けそうです。
いや、マジで。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コペンハーゲン〜成田 [北欧旅行]

さて、諸事情により前回の旅行記から5ヶ月も空いてしまいましたが…
旅行行ってからもう7ヶ月ですか。早いもんだなあ。
最後の1日をアップしたいと思います。

しかし7ヶ月も経つと、
あんなに強烈だった旅行の思い出もだいぶ薄れて来て…
時が経って、忘れたいことは忘れられなくて、
忘れたくないことは忘れていって…人間てそんなものです。

帰国する9日目。何時に起きたっけ?
7時くらいに起きた気がします。
テレビをつけるとアニメーションが。
なんか面白いタッチ。こういうの、好きです。
R0040445.JPG

ビュッフェ形式の食事を済ませ、8時半…
今日の午前中は自由行動です。
13時には空港に向けて出発するので、あまり遠くには行けませんが。
バゲッジルームに荷物を預け、徒歩で中央駅方面へ。
近くの橋を渡ったところにズラリと並ぶ自転車。
どれもサドルが高いなあ。
デンマーク人にも背の低い人はいるはずなんだけど…
R0040464.JPG
カラフルな電車が見えます。なんか“らしい”感じ。
R0040465.JPG

デンマーク中央駅。駅前はさすがに車が多い。
新宿駅南口的な雰囲気もあるけど、
決定的に違うのは、あんなに人がいないってこと。
R0040467.JPG
チボリ公園。
今日はあいにくの雨だけど、お客さんは結構います。
時間がないんで僕らは入りませんが…
R0040470.JPG

そのまま市庁舎前広場に向かい、
雑貨のショッピングモール、アーティウムへ。
ロイヤル・コペンハーゲンやホルメゴー、ジョージ・ジェンセンなど。
マリメッコのブティックやイルマもありました。
ここで何点かお土産を購入。
10時前だったので、まだ開いてない店もあり…悔しかったなあ。

買い物を済ませ、同じ道を帰ります。
デンマーク中央駅。
R0040474.JPG
ここでハプニング。
駅前を歩いていると、前からチャリで走って来たおじいさんが、
雨で滑って見事に目の前でコケました。
150kgはあろうかという巨漢のおじいさんで、
介護やってるとは言っても、起こすのはかなりキツかったです。
でもなんかニコニコしたじいさんで、
こんな形でも現地の人と交流出来たのは嬉しかった。

11時に一旦ホテルによってお土産をしまってチェックアウトを済ませ、
ホテル近くのショッピングモール、Fiske Torvetにて昼食です。
昼食は、カレーでもパスタでもなんでもありのビュッフェレストラン。
比較的安かったと思うけど…もう忘れちゃったなあ
ビールグラスにりんごジュース。
R0040476.JPG
このあとH&Mでお土産を買い、ホテルへ集合。
R0040477.JPG
もう帰るのかあ…
ちなみに、ここまでは手帳はしっかり手元にありました。
この後、空港に向かうバスの中で、手帳を落としてしまったようで…
どーでもいいことまでかなりメモってあったので、本当に残念。

カストルップ空港。二体の銅像が待っててくれました。
R0040480.JPG
C28番ゲートから、飛行機に乗り込みます。
R0040487.JPG
座席は一番右の二人席。
行きはど真ん中の一番最悪な席だったけど、帰りは夫婦二人で。
泊まったホテルもそうだったけど、ツアーの後半に向けて
どんどん格を上げて行って、ツアーの印象をよくしようというJTBの策略(笑
R0040489.JPG
さあ、いよいよ飛行機が飛び立ちます…
R0040491.JPG
現地時間15:45、さらばEuropa!!
R0040554.JPG

感傷に浸る間もなく、機内食です。
ミートボールにマッシュポテトにパン…北欧らしい感じ。
行きの飛行機で出た、蕎麦とハンバーガーみたいな
奇妙な組み合わせではありません。
R0040557.JPG
ヘルシンキ上空を通過。ホントに帰るんだなあ…
R0040558.JPG
僕は基本的に乗り物の中で酒は呑まないんですが、
旅の余韻に浸りたい(笑)のと、眠れないと時差がキツいので、
帰りの便はワインを呑みました。ハーフボトルくらいの量です。

ロシアだかモンゴルだかを通過中、月が…
R0040595.JPG
ひと寝入りした後、日本近くになって(北海道付近?)、
二回目の機内食です。朝食ですね。日本時間…6時くらいだったかな。
R0040611.JPG

霞ヶ浦上空を飛んでます。
新潟の海岸線や千葉の海岸線など、見てて楽しかったよ。
R0040651.JPG
成田到着…。
帰ってきちゃいました。
まだ頭は北欧に行ったまま、現実には戻りたくありません。
R0040666.JPG
さいたま市までバスで帰路につきます。
R0040667.JPG
帰りのバスの中では、うちの奥さんは疲れきって爆睡でしたが、
僕はまだ興奮醒めやらない感じで、寝れませんでした。
時差ボケは2日遅れで来ました(笑

高校の修学旅行以来の海外旅行、初めてのヨーロッパ。
素晴らしい10日間でした。
英語を身につけて、もう一度、いや、何回も来たいと思いました。
僕は寒さには強いので(笑)、移住したいくらいです。
このところテレビ等で、北欧の高福祉高負担社会が話題になってますが、
たとえ高負担(消費税25%)でも、僕は北欧に住んでみたいです。
外で呑むのはキツくなりますが(笑
そしてなにより、何事もオシャレでかっこいいよ!

後日、旅行記を加筆、製本して、絵本やイラストと一緒に
展示出来たらいいなあと、そんな野望を持っています。
途中、間が空いてしまいましたが、
これまで読んでくれたみなさん、ありがとうございました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

憧れのコペンハーゲン [北欧旅行]

夕べの10:45から、
NHKで「世界ふれあい街歩き」なる番組がやってた。
今回はデンマーク、コペンハーゲン。
去年10月の旅行でチャリで走ったところがたくさん出てきた。
ああ、思い出すなあ…もう7ヶ月かあ。
その後いろいろあって、まだ北欧旅行記は全部書けてない。
あと1日分残ってる。
7ヶ月も前の記録ですが、皆さん見たいですか?

http://www.nhk.or.jp/sekaimachi/detail/arukikata/090508.html

ちなみに再放送は来週金曜の午前8時からだそうです。
いいですよーチャリの街、コペンハーゲン。
写真は、アマートゥ広場。
R0040375.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コペンハーゲン散歩その2 [北欧旅行]

「地球の歩き方」をなくしかけて、奥さんが激怒するも
一大事にならずに済んでサムズ・バーを出る。
途中から隣に座った若いグループが、
昼間っから酒を呑みだして少々怖かった(チキン)。

その後、ガイドさん曰く“高級スーパー”のIllumへ。
ここのエコバッグは日本にも輸入され、2000円くらいで売られている。
ここでは27DKK(約540円)。
あいにく写真は撮ってません(;

コンゲンス・ニュートゥで少し休憩。
後ろの荷台に「地球の歩き方」が挟まってるのが僕のチャリ。
このサドルの高さが一番低いけど、それでも股間にくい込む(笑
R0040373.JPG

マガシン・デュ・ノルドの脇を抜け…
R0040376.JPG
R0040378.JPG
ニコライ教会の脇を抜け…
R0040379.JPG
市庁舎前広場まで。
R0040380.JPG

ここでは、ペルー人のグループが路上ライヴをしていた。
R0040383.JPG
とても迫力のある演奏で、まさに感動もの。
思わず路上で売っていたCDを買ってしまったけど、
今聴くと少し微妙かな…(笑
でもいい思い出。
興味があればこちら→http://www.sumaqllaqta.dk/

広場脇の交差点を抜ける。
自転車道がしっかり整備されてる分、車同様ルールも厳守。
つい日本のノリで道路の左側を逆走してしまい、白い目で見られる(汗
しかもみんな速いんだよ。
R0040386.JPG
次の目的地、アーバン・リビングへ。
デンマークデザインの家具から陶器などを扱うセレクトショップ。
でも見つからない(笑
ガイドブックには“ホテル通り”のはずれにあり、とあるが…
見つからない(笑
R0040389.JPG
つぶれた?という結論に至り、諦める。

だいぶ日も陰って来たので、夕食はどこにしようか、
とりあえずホテルに帰ろうか…と移動。
コペンハーゲン中央駅。
R0040390.JPG
チボリ公園。
R0040395.JPG
ホテル近くの橋。
R0040406.JPG
橋の上から駅を見る。
R0040409.JPG
素晴らしい夕焼けだ。なんて絵になる景色なんだろう…
夕焼けを見ながら、思わずうっとり。
R0040414.JPG
月も出ている。映画の世界だよ、これ。
R0040423.JPG
ホテル前も、このながめ。たまんないね!
R0040427.JPG

夕食は、日本人がオーナーを務める日本食レストラン、
「東京」にしようかと思ったけど、ホテルからやや遠く、
もう夜になってしまって、道に迷うのも嫌なので断念。
ホテル近くのショッピングセンター(ジャスコ風)内のレストラン、
「カフェ・マドンナ」で。ピザとパスタを注文。
これがまたまずくてまずくて…(汗
量が多くて安かったけど、まずい。
R0040430.JPG
ショッピングセンター内のレストランだけど、
常連で呑んだくれといった感じのおじさんがいる。
哀愁漂う背中。
R0040433.JPG

ショッピングセンター内のスーパーで
ビールとおつまみを購入し部屋に戻って晩酌。
カールスバーグ・エレファント。アルコール7.2%。
こんなビールが日本にもあればいいなあ…と思って帰国したら
キリンからストロングセブンが発売された。でもあれは悪酔いする。
これはそんなことなかった。
R0040437.JPG
スタンダードなカールスバーグ。
カールスバーグは以前にも飲んだことがあるけど、
この旅で呑んだカールスバーグは最高に美味かった。
旅行の効果かなあ。
R0040438.JPG

終日自由行動なれど、思った程は動けなかった。
あと3日は欲しいと思いました。また来なきゃ。
明日は帰国する日。ああ、まだ帰りたくない…
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コペンハーゲン散歩その1 [北欧旅行]

前回の旅行記からさらに1ヶ月も空いちゃった?
展示やら退職やら(笑)いろいろあってかなり空いてしまいました。
旅行から2ヶ月も空いて記憶はだいぶ薄れてきたような…
無職で数年ぶりのせっかくの冬休み、どうせならまた北欧に行きたいとこですが、
思い立ってすぐに行けるとこじゃありません。

さあ8日目の朝、今日は終日自由行動です。
出発前はいろいろビビって、なるべく自由行動の少ないツアーを選んだんですが、
いざ行ってみると自由行動がすごく嬉しい。
ツアーでまわる観光名所もいいですが、僕は普通に街を歩いてみたかった。

夕べと今夜、連泊のホテルアイランドはとにかくかっこいい。
次にコペンハーゲンに来た時は、またここに泊まりたい。
食事はそれほどでもないですが(笑
R0040287.JPG
20DKKのチャージで乗れる公共のレンタサイクルはフットブレーキのみ。
ハンドブレーキに慣れ親しんだ僕らはちょっと怖いので、
100DKK(約2000円)支払ってホテルのレンタサイクルを借ります。
こちらはフットブレーキ+左(フロントディスクブレーキ)のみ
ハンドブレーキがついてます。
午前9時半頃、ホテルを出発です。
R0040291.JPG
途中ちょっと止まって撮影。
R0040295.JPG
つーかいろんなとこでいちいち止まって写真撮ってて、
普通の観光客の域をはみ出すくらいだったようにも思い…
あ、でも今回の旅行で僕らは1300枚以上写真撮ったけど、
7日目の時点で1500枚撮ってた強者もいました。

最初の目的地はデンマークデザインセンター(http://www.ddc.dk/)。
伝助デザインセンター(Dansk Design Center)です。
R0040299.JPG
歴代の優れたデザインの工業製品が展示されてます。
初代マックに初代iMac。
R0040304.JPG
伝統的なスタイルの電話。いいなあ
R0040313.JPG
タイプライター(1950年製)。
R0040315.JPG
中学の頃、何故かうちにタイプライターがあって、
好きな映画の監督やらキャストやら、ひたすらクレジットを打って、
一人でいい気になってたっけなあ

地下のフロアでは、新進アーティストの個展が開かれてました。
こういうのはインスタレーションというのかなあ?
R0040319.JPG
並べられた小さな小瓶の中には、一言だけ単語が書かれた紙?が入ってます。
カードにも一言だけ単語が…
R0040322.JPG
アニメーションの上映もされてました。
言葉がわからないので、イラスト等で判断するしかないんですが、
地球に優しく、自分にも優しく、みたいな内容だったように思います。
どこも癒しブームなのかな。
R0040324.JPG

1階フロアでは、ソファやチェストなど工業製品の試作品や
タペストリーと一緒にこんなものが。
R0040332.JPG
この球体の中に入ることが出来ます。中に入って外を見てみれば…
そんなテーマ性を持った作品です。

2階フロアではいろいろなパッケージデザインが見れます。
実際に製品化されてるものなのか、試作品なのかはわかりません。
でもデンマークのコンビニやスーパーで目にした商品の
パッケージはどれも素晴らしくて、ここに展示されてても
全然おかしくありません。
R0040337.JPG
R0040355.JPG
2階フロアから見下ろします。
下の土産屋さんではリサイクル作品の載った本やカードケース、
DDCエコバッグなどを買いました。
R0040351.JPG

念のため書いておきますが、DDCはどこも撮影OKです。
May I take a picture in this floor?
と聞いたところ、とても丁寧に応対してくれました。

まだまだチャリの旅は続きます。
…ていうか距離的には大して走ってません(笑
R0040357.JPG
デンマーク、スウェーデン王室御用達ショップ(銀器)、
ジョージ・ジェンセンのあるアマートゥ広場にて少し休憩。
R0040359.JPG
僕は奥さんがジョージ・ジェンセンがあると知った上で
あえて無視してるのかと思い、何も言わなかったし行かなかったんですが、
実は中に入って買い物したかったと…ここにあったとは知らなかったと…
女心がわからない旦那です(汗
こちらは、デンマーク最大規模のデパート、マガシン・デュ・ノルド。
地下のkioskみたいなとこでお菓子買って、路上でおやつを食す。
R0040362.JPG
こちらはボダム・ホームストア。キッチン用品の店です。
「いいデザインは高価なものであってはならない」がポリシー。
確かに他の店よりは安く、日本で買い物する感覚と似てました。
ここでお土産を少々購入。
R0040363.JPG
その隣にはギネス・ワールド・オブ・レコーズ博物館。
世界一背が高かった人の等身大の蝋人形が置いてありました。
R0040368.JPG

この時点で時間は既に2時だか3時だか…お腹がグーと鳴ってます。
そういうわけで、日本の牛丼屋的な、ファストフードの店で昼食。
サムズ・バーって店ですね。夜は酒場に変身、みたいな。
ここの店員の態度は最悪だったなあ…
R0040372.JPG
ここで「地球の歩き方」をなくすハプニング。
すぐに見つかったからよかったけど、大して遠くにも来てないのに、
ホテルに戻れないんじゃないかと冷や汗かきました。…チキン。

コペンハーゲン散歩はまだまだ続きます…
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ベルゲン〜コペンハーゲン市内観光 [北欧旅行]

前回の旅行記からだいぶ間が空いてしまった。
旅行日記を見事に現地に置き忘れてきたので、
1ヶ月も経つと、正直、だいぶ記憶が薄れてきている。
いつまでも忘れたくない思い出。しかし時間は残酷だ。

モーニングコールは3時45分、お弁当を抱えて4時半にホテル出発です。
今までで一番いいホテルを一番早く出発するという…
R0040115.JPG
空港で朝食のサンドイッチを食べます。
なんだかオシャレな照明がありました。
R0040124.JPG

最初に乗り継ぎで来たカストルップ空港へ戻ってきました。
牛がお出迎え。
R0040132.JPG

空港を出るなり市内観光が始まります。
コペンハーゲンのガイドは眼鏡をかけた真面目そうなデンマーク人の兄さん。
僕はハリーポッターは見ませんが、あの主人公のようなイメージですかね。
ここもスウェーデン同様チャリ通が盛んです。
R0040135.JPG
専用道路がしっかり整備されてる。メットはかぶってないな。

これは…なんだっけ?忘れてしまった…(涙
市庁舎だったような博物館だったような…
R0040140.JPG
R0040148.JPG

これは移動中に見つけた乳母車付き自転車。
こういった自転車はそこら中にあります。かっこいい。
R0040152.JPG

運河沿いに木造家屋が並ぶニューハウン。
ここから出る遊覧船には60DKK(1200円)で乗れます。
R0040159.JPG
これはローゼンボー宮殿。中の宝物館にはすんごい王冠がありました。
2時っチャオの世界(笑
R0040180.JPG
ローゼンボー宮殿敷地内にあったベンチ。面白いカタチ。
R0040182.JPG

ガイドさん曰く、世界三大ガッカリの1つ、人魚の像。
まあ確かに思ったより人魚らしくはない…
R0040194.JPG
こちらはカステレット要塞のゲフィオンの噴水。
R0040197.JPG

アマリエンボー宮殿では、衛兵の交替式を見れました。
思わず動画も撮っちゃったよ。
R0040204.JPG
R0040211.JPG
交替式を見ている最中、コペンハーゲン市内ならどこでも
20DKK(400円)のチャージ(後で返ってくる)でレンタルできる
チャリを発見。ペダルブレーキのみだ。
R0040216.JPG
ちなみに、コペンハーゲンのバス、地下鉄、水上バス、どれも
同じ20DKKのチケットで何回でも乗り降り自由です。
基本的に物価は高いけど、こういったサービスは充実してる。

新オペラハウスを見つつ、
R0040222.JPG
この日の昼食、中華料理の店へ移動。
R0040229.JPG

この日のガイドさんより、デンマークの店員は
世界一態度が悪いと話がありました。
なるほど、昼食をとった中華料理屋の店員の態度は最悪でした(笑
次の日に行ったDanskDesignCenterとH&Mの店員は態度良かったけど、
あとはキツかったなあ…

昼食後、ホテルへ移動。2006年に出来たばかりの
ガイドブックに載ってないホテルだったのでどんなものかと思いきや…
R0040266.JPG
R0040242.JPG
R0040246.JPG
デザイナーズホテルっていうんですか?こういうの。
かっこよかったよ〜 ここに連泊出来るのはうれしい。
「Dear K/K Suzuki」とモニターも迎えてくれてます。
R0040250.JPG

午後は自由時間です。
と言ってもなにせ今日は3時半起きですから、少し昼寝です。
その後ホテルの近くのショッピングセンターまで散歩。
シャレたビルの間を抜けて行きます。
R0040260.JPG
R0040262.JPG
日本で言えばジャスコみたいなとこでした。
あいにく写真は撮りませんでした。

この日の夕食でツアーメンバー揃って食事するのは最後です。
添乗員さんが「最後の晩餐」なんていうもんだから
豪勢に呑むのかと思いきや、普通のディナーでした(笑
僕だけビールを2杯注文。
R0040273.JPG
部屋に戻ってから、昼間買っておいたビールを頂きます。
R0040284.JPG

さて、明日は終日自由行動。
チャリンコ乗ってコペンハーゲンを巡ります!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ベルゲンちょい散歩ディナー。 [北欧旅行]

さて、ベルゲンの街へちょい散歩とは言っても、
なにぶん日曜日でしかも午後5時近く。
ほとんどの店は休みか、もうすぐ閉まります。
散歩というより、食事へレッツゴー。
R0040067.JPG

さっそくパブ。魚市場の正面。もう何人かお客さんがいます。
入りたい…
R0040069.JPG
Torgallmenningen通り(読めないw)にて。歩行者天国です。
電気は点いてますが、開いてる店はほとんどありません。
道行く人も、ショッピングではなく
僕らと同じく夕食の場所を探している感じです。
R0040075.JPG
R0040088.JPG

劇場の前で。花壇がきれいでした。
雨なのが残念だけど、まあ北欧らしいとも言えるかな…
もうちょっと先に行くと美術館とかありますが、
時間もないし、そもそも閉まってるので、ここで引き返しました。
R0040079.JPG

いろんな店のディスプレイを見ます。
本屋さんにて。絵本が展示されてる。白いのが多かった。
R0040073.JPG
インテリア雑貨のお店。あー中に入りたかった…
R0040086.JPG
電気屋にて。ラジオがどれもかっこいい。
R0040090.JPG

夕食の場を求めて歩いてて気付いたのは、
パブで呑んでる人達のほとんどがおつまみを頼んでないことでした。
レストランで普通に食事をしてもかなりの金額になるから、
ましてパブでおつまみはもっと高いのかもしれない。
基本的にみんな呑んでるだけでした。
あとこの日のベルゲンは10℃くらいでしたが、
2枚目の写真を見ての通りパブはどこも開放的でした。
みんなコートを着込んだまま呑んでます。

夕食は散々迷った挙げ句、結局「nama」という寿司レストランにしました。
ノルウェーで寿司を食うのも間抜けだと思いつつ、
アジア人が働いていたためについ…別に日本語がわかる人じゃないんですが。

スーパードライがあったので注文。日本語の入ったパッケージが新鮮。
カールスバーグとか、他のビールと比べるとやっぱ高いね。
330mlで1200円しました。
他に一番搾りとか黒ラベルもありました。
R0040107.JPG
これは鉄火巻きと…URAMAKIのTEMPURA MIXだっけ?
これで3000円以上しました。
R0040112.JPG
これはTEMPURA SASHIMI MIX。5000円以上します。
R0040113.JPG
ネタはどれも新鮮でうまかったです。
シャリがちょっとベチャッとした感じでした。
他にYAKINIKU NOODLEとかいうのもありましたが、
食べた人によれば「焼きラーメン」だったとか。
値段は4000円ほどです。

会計の時に、アジア系のウエイトレスから
日本語で「日本人ですか?」と聞かれちょっとびっくり。
母親が日本人だそうです。日本語は少しだけ話せるそうです。
おつりをちょっとオマケしてもらいました。ありがとう。

ホテルに戻ったら速攻で寝ました。
だって明日のモーニングコールは3時45分(!
早朝の便でコペンハーゲンへ飛び立ちます。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ベルゲン市内観光 [北欧旅行]

途中すんごい滝を見たりしながら約3時間半でベルゲン到着。
添乗員さんお気に入りのバス運転手さんともここでお別れ。
なんとも名残惜しそうな添乗員さんが面白かった(笑

昼食を予約してある時間まで余裕があるので、ベルゲン港を少々散策。
これは…マクドナルド。一見そうは見えない洒落た建物。いいねえ。
R0019953.JPG
ここにもセブンイレブン。どこにでもあります。
R0019956.JPG
こりゃ絵本の世界です。なんだか夢見てるみたい。
ちなみに、白いクルーザーの上に見える建物が、この日宿泊するホテルです。
R0019962.JPG
R0019973.JPG
銅像の上にカモメが一匹。
R0019967.JPG
港からウルリケン山…を見上げる。あれ、フロイエン山?
旅日記を置き忘れてきたのがホント悔しいよ。
R0019975.JPG

本当は魚市場を散策予定だったけど、あいにく日曜日でお休み。
「地球の歩き方」によれば、その場で食えるサーモンやエビの
サンドイッチがオススメだそうで、今改めて、食いたかったなあ…と。
残念。

昼飯はちょっと洒落たレストランで。
当然のように昼間っからハンザビール。少し遠慮してスモールサイズです。
R0019980.JPG
メインはベルゲン名物の干ダラ。
ベルゲン繁栄の元になりました。
タラは美味いが米が…炊き方間違えてないかと思う程。
R0019983.JPG

レストランの前にはEXODUS。
…って何? クラブみたいな感じでした。
R0019986.JPG

ハンザ博物館を見ます。
ここは撮影可ですが、保存のために照明がなくて…
フラッシュ禁止だから真っ暗な写真ばかりでした。
これは300年前から干されてるタラ。
何日間か水につけておくと元の魚の姿に戻ります。
そんでこの日の昼飯みたいにして食べるのです。
R0040008.JPG
この絵は18世紀のベルゲン港を描いたもの。
今と余り変わってないことに驚き。
R0040011.JPG

外へ出ると雨が降ってきた。
ベルゲンは1年の3分の2は雨が降るそうです。
実際、この日1日ずっと、降ったり止んだり。
ガイドさん曰く、そんな天気のせいかやはり鬱病になる人は多いとか。
この日のガイドさんは、ノルウェー在住…何年だっけ?
何十年か住んでる50代の日本人のおばちゃん。
真っ赤なコートを着て、時折ギャグも飛ばすナイすな人でした。

次は山の上にある、作曲家エドワード・グリーグの家へ。
ここは撮影禁止。
R0040016.JPG
この建物は作曲をする時に使った小屋。
向こうに見えるのはフィヨルドです。
R0040021.JPG
小屋の中に入ってびっくり。
ここでは、ベルゲン国際フェスティバル等で
実際に有名な音楽家が集まって、コンサートが催されている。
R0040031.JPG
グリーグが住んだ家。
R0040026.JPG
グリーグの家からフィヨルドを見下ろす。
R0040028.JPG

次は世界遺産のブリッゲンへ。
慌ただしくまわったので、あんまし写真はありません。
R0040039.JPG
家屋は奥行きがあり、ショップや工房が点在してます。
R0040042.JPG
オリジナルは13〜16世紀に建てられた木造家屋。
世界遺産だけど今でも実際に使用されてるとこがいい。
何度も火事で焼け落ちてしまったけど、そのたびに復元されてきた。
この日は日曜だったので、残念ながらショップはお休み。

約3時間の市内観光を慌ただしく終え、
この日泊まる予定のファーストホテル・マリンへ。
今まで泊まったホテルの中で最も広くて高級でした。
16畳くらいはあったかな。
便器の蓋と便座までウッド。
R0040063.JPG
石けんまでいちいちかっこいい。
R0040049.JPG

荷物を置いて少し休憩して、ベルゲンの街へちょい散歩に出ます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ヴォス〜ベルゲン [北欧旅行]

新潟県小出町風の親近感のあるヴォスをあっさり後にする。
でも出発は9時と比較的ゆっくりだったので、
朝、ホテル周辺を散歩する時間があった。
ちなみに、今回の旅行で一番寒かったのはここヴォスでした。山の中だし。

朝起きるとテレビではF1が。
富士スピードウェイでの日本グランプリ。
そうか、日本はそんな時間か。
R0019781.JPG

ホテルのすぐ脇の川。すごい水量だ。深さは…3〜5m?
水はとてもきれいで、底までハッキリ見えた。
R0019787.JPG
何の変哲もないマンション。好きだなあ、こういうの。
R0019793.JPG
ウォーキングする老夫婦とヴォスの家々。絵本の世界だ。
でもこの家の中ではごく普通の現代人がごく普通に生活してる(当たり前)。
R0019797.JPG
ここではデジャヴーを感じた。
新潟県の…どこだっけ、阿賀野川沿いの…国道49号線か。
雰囲気が似てるんだよ。
R0019802.JPG
老人ホーム“のような”建物。実際はわかりません。
向こうの施設はどんな感じで運営してんのかな。
R0019804.JPG

すんごい滝を横目に…
R0019819.JPG
フィヨルドを眺めながら、
R0019848.JPG
村を見つつ、
R0019854.JPG
フェリー発見!
R0019856.JPG
なんてカラフルな。
R0019872.JPG
かっこいい橋。
R0019877.JPG
羊がかわいい。
R0019882.JPG

そういえば、すれ違う車はどれもライトをつけてました。
昼間でも点けるよう、法律で決まってるそうです。
今回まわった4カ国全て義務づけられてます。
そうすることで実際に事故は2割減ったとか。
スウェーデンで最初に施行された時は
また馬鹿なことをしてると周辺国は笑ってたそうですが、
効果があることが実証されると、どこもそれに倣ったそうです。
いつもスウェーデンを馬鹿にして、結局は真似をする、と
コペンハーゲンを案内してくれたガイドさんは笑ってました。

オスロ〜ヴォス〜ベルゲンとバスの運転手さんは同じ人です。
7ヶ月だけ働いて5ヶ月バカンスの人です。
イケメンのノルウェー人。
添乗員さんは完全にロックオンしてました(笑

ノールハイムスン村にてトイレ休憩。お土産も買いました。
R0019913.JPG
凄まじいスタインダールの滝。この写真で大きさがわかるかな。
R0019912.JPG
山道を登り…
R0019915.JPG
滝の裏側へ。ここでは記念写真も撮れます。
R0019929.JPG
滝壺周辺には虹が。
水しぶきがすごく、この滝の周辺はとても湿度が高いです。
風向きによってはかなり濡れちゃうみたいです。
R0019933.JPG

お土産屋さんの前にあった電話ボックス。
カラフルでお洒落だねぇ
R0019938.JPG
こちらはゴミボックス。
ここに限らず、北欧はどこもゴミはしっかり管理されてました。
だからカラスも少ない。街もきれい。
R0019939.JPG

約3時間のバスの旅の後、ベルゲンへ到着です。
R0019951.JPG
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フロム〜ヴォス [北欧旅行]

オスロからフロムまでの約6時間の電車の旅は、
2回の乗り換えや素晴らしい景観に圧倒され、あっという間に過ぎました。
電車の中にはカフェもあり、退屈することはありませんでした。
ミュールダールで乗り換えたあと、僕らの隣に中国人の団体が来て
少し心配だったけど(海外で日本人を見つけると、戦前のことを
激しくまくしたて攻撃する中国人がいると聞いたので)、
彼らも旅行を楽しんでいるようで、日本人など眼中になし。
みんな笑顔で大騒ぎでした。
電車内には、一人旅と思われる日本人も何人かいて、すげえなあと感心。
女の一人旅が多いのに驚いた。

今まで乗ってきたフロム山岳鉄道。しぶいね。
R0019686.JPG
フェリーの前で器用にチャリを運ぶ人。
ここでもチャリ。どこに行ってもチャリをみかける。いいなあ。
R0019685.JPG

雨が降ったりやんだり、天気はよくない。
かなり寒いけど、デジカメを守りつつ甲板で頑張ります。
いざ、フェリーでグッドヴァンゲンへ。
R0019689.JPG
R0019703.JPG

甲板には椅子が置いてあるけど、
おとなしく所定の位置に座る白人や日本人をよそに、
中国人とインド人が椅子を移動しまくり、
ベストポジションは埋め尽くされてしまった(笑
でも写真を撮ろうと思ったら
のんびり座ってる場合じゃないので、別に構わない。
船内のカフェの窓際の席は日本人が占拠してるし、まあお互い様かな。

おお〜これがフィヨルドかあ
R0019707.JPG
すごい崖です。
R0019710.JPG
滝があちこちにあります。
R0019715.JPG
渓谷の谷間にも当然のように村があり、
R0019722.JPG
カラフルな木造家屋が並んでます。
R0019723.JPG
あの崖の上にも!?
R0019730.JPG
一軒だけ建ってます。
R0019729.JPG
どんな暮らしをしてるんだろう。
そういえば、ノルウェーの電力のほとんどは水力発電でまかなわれてます。
R0019734.JPG
R0019743.JPG
R0019744.JPG

雨がとにかく嫌でした。
デジカメのレンズに水滴がつくのが気になって、写真を撮るのも大変。
でもこの時期としては、これでも天気に恵まれた方だとか。
グッドヴァンゲンに到着し、バスにてヴォスに移動します。
R0019751.JPG
寒さと移動疲れと眠気でグッタリしてる人も何人かいたけど、
僕と奥さんは興奮醒めやらず…寝てたまるかっての。とことん楽しまなきゃ。

午後6時にホテル到着。ツアー前の話では
かなりボロいようなことを言われてたけど、お気楽な雰囲気で好きだったな。
R0019758.JPG
近所のスーパーの営業は8時まで。夕食が7時から始まるというので、
部屋に着くなり缶ビールを買いにスーパーへ直行。
だって部屋のミニバーでは39NOK(約800円)もするし。
まあスーパーで買っても500円はするんだけど。
R0019760.JPG
R0019761.JPG
なんだか新潟県の小出に似てる。いいね、こういうの。
R0019763.JPG

スーパーへ直行し、500ccのハンサビールを2本レジへ出すと…
「No.」
なんでも、この地域の条例で夕方6時以降は酒が買えないらしい。
思わず両手を広げて、「No!?」と叫んでしまった。
リアクションがインチキ外人になってます(笑

ホテルのレストランでビュッフェ形式のディナー。
ここでひとつハプニング。
写真奥に写っている白人のおじいちゃん、おばあちゃんグループが、
食事前に全員で賛美歌(?)の大合唱。どこかから来たコーラスグループ?
その素晴らしい歌声に、終了と同時にレストランは拍手喝采。
素敵なコーラスでした。
R0019772.JPG

そして今夜も部屋でビールをたしなんで、夜は更けていくのでした…
R0019778.JPG

明日は7時過ぎにモーニングコール。よく寝とこう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 北欧旅行 ブログトップ