So-net無料ブログ作成
東北鈍行列車の旅 ブログトップ

東北鈍行列車の旅 平泉・中尊寺 [東北鈍行列車の旅]

前回からだいぶ間が空きました。
東北に旅に行ったのは去年10月はじめ…もう半年以上前か。
…時の流れは早いもの。
その頃はこんな地震が起きるとは想像もしてなかった。
中尊寺は内陸部だけど、どうだったのかな。

さて、やや駆け足で毛越寺を見終わった後は、
平泉町内循環バス「るんるん」w で、
中尊寺へ向かいます。この循環バスは
15〜20分間隔で動いているのですごく便利です。
400円で1日フリー乗車券が手に入る。

バス亭を降りると、武蔵坊弁慶の墓がありました。

RIMG8374.JPG

ヒーローといえば義経ですが、僕は弁慶が好きです。
なんかちょっと厳かな気分になってから、
目の前の参道を登ります。
表参道月見坂。けっこうキツい登り。
高齢者には辛いかな。

RIMG8380.JPG

東物見台を通り過ぎ、弁慶堂へ。
19世紀に再建されたものではあるけど、
いやあ、歴史を感じる。

RIMG8383.JPG

参道である月見坂をせっせと登ります。
坂の上からの眺め。

RIMG8385.JPG

ちょっとした山登りだな。
今度は薬師堂。

RIMG8391.JPG

見所はたくさんあります。
神社仏閣マニアの僕にはたまらない道程(笑

さて本堂です。大きい。
修学旅行らしき中学生の姿が。青春だなあ
どこから来たんだろう。

RIMG8397.JPG

そして今度は不動堂。なんだかお地蔵さんに誘われて。

RIMG8400.JPG

かえる君もいました。なんだか笑ってるような。

RIMG8403.JPG

こちらは大日堂。小さな社ですが、またこれもいいものです。

RIMG8405.JPG

こちらは鐘桜。実に築670年近く。
今、撞くことはほとんどないというけど、
なんだか撞いてみたい。

RIMG8407.JPG

そして阿弥陀堂。
これだけいろんなものがあると、パワースポットというか
パワーあり過ぎな感じもします(笑

RIMG8409.JPG

さ、讃衡蔵(さんこうぞう)に着きました。
中尊寺に伝わる文化財・宝物などを展示してます。
見たいのは山々なれど、なにぶん時間がないので断念。
ここでは金色堂の拝観券も売ってます。

RIMG8411.JPG

そして国宝の金色堂…ここは撮影禁止。
金ピカです。全部金箔でキンキラリン。
900年近い年代物です。
そういう状況なので、建築後160年ほど後、
金色堂をすっぽり覆う形で建物が建てられ(旧覆堂)、
昭和38年まではそこで雨風から守られていました。
今はまた別の建物の中に移築されています。
奥州藤原氏四代に渡って、遺体が安置されてるとか。

キンピカの金色堂に圧倒され、順路を歩いて行くと…経蔵。

RIMG8417.JPG

これも700年近い、かなりの年代物。
中尊寺の敷地内の建物は、一度消失したものが多いですが、
その後再建され、数百年…そんなものばかり。
ずっと日本の変化を見て来たのかと、生き物じゃないですが、
そんな風に思うとすごいことだなと。

これは…なんだか忘れたけど、なんか絵になる風景。
好きだなあ

RIMG8419.JPG

そして今度は旧覆堂。
昭和38年まではこの中に金色堂がありました。
今は代わりにこの棒が。

RIMG8423.JPG

そして、釈迦堂や弁財天堂なども見て、スタコラ歩く…
ちょ、ちょっともう、お腹いっぱい(笑
1日中かけて、じっくり見たいなあ、ここは。
この日は鈍行で延々帰らなくちゃ行けないので、
2時間ぐらいしか中尊寺に居られず、その短時間で
がーっと見るのはなかなか大変だ。

そしていよいよ中尊寺エリア最深部の、白山神社へと向かいます。

RIMG8427.JPG
RIMG8428.JPG

すごい木だ。落ち着く。
この奥には能舞台やうまいメシが…(笑

<続く>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

東北鈍行列車の旅 北上〜平泉・毛越寺 [東北鈍行列車の旅]

ゴーゴー亭で満足し、生さだと岩手誉で晩酌し、
プースカ眠ってると、明け方5時半頃、奥さんに起こされた。
おお 見事な朝焼け…

RIMG8326.JPG

眠い目をこすりながらもちょっと感動。
こんな光景は埼玉じゃ見られない。
いや、秩父方面に行けば見れるかな。
ああ、でも今日は帰らなきゃいけないのか。

二度寝して7時頃に起きる。
例によって東横インの無料朝食を食し、チェックアウト…
さて、今日はどうしようか。
北上駅前の探索も面白そうだけど、
意外とつまらないかもしれない。
ここは無難に…ということで、平泉にレッツゴー。

RIMG8335.JPG

これは青森方面へ向かう「青い森鉄道」。
ゆるキャラもいいけど、この青が好きだなあ。
そして平泉方面はこれ。

RIMG8337.JPG

渋いねえ 義経と弁慶だもんね。
朝8時すぎ(だったかな?)の電車に乗り、平泉へ。
平泉までは30分ほどで着きます。
平泉駅前は、よく整備されててスッキリした感じ。

RIMG8339.JPG

案内所もあったし人力車もあったし、タクシーは写真の通り
たくさん待ってるし、周遊バスもあって、とても観光しやすい感じです。
僕らは、レンタサイクルも考えたけど、
意外と高いので、周遊バスでまわることにします。
そんなに時間もないし。
日曜なのでそれなりに観光客はいるけど、
まだ朝が早いからか、それほどではなかった。

RIMG8344.JPG

周遊バスで最初の目的地、毛越寺(もうつうじ)に来ました。
木が高い… ちまちましてなくて、気持ちいいなあ

まず最初に本堂に向かいます。
おお、歴史ある建物…と思いきや、平成になって建てたとか。
なので写真はあまり撮りませんでした(笑
本堂の中では、珍しく写真撮影OKでした。

RIMG8352.JPG

本堂を出て、大きな庭園を歩きます。とにかく広い。
見沼自然公園の3、4倍あるんじゃないかなw(わからない例え)

RIMG8356.JPG

おお、茅葺き屋根。でもここはなんて建物だったっけ(^^;

RIMG8364.JPG

その脇には地蔵菩薩がありました。
なんだかこの表情がすごく好きです。
癒されるなあ ミニチュアがほしい。

RIMG8366-1.JPG

ぐるっと回ってくると、大きな池の上には
ノルウェーで見たバイキングのような舟がありました。
ちょっと乗ってみたい。

RIMG8370.JPG

1時間半ほどかけて毛越寺を回り、さあ今度は中尊寺です!

RIMG8372.JPG

<続く>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

東北鈍行列車の旅 ゴーゴー亭 [東北鈍行列車の旅]

僕的にウハウハな滝観洞探索を終え、
壊れたと思ったデジカメも復活し、
大満足でホテルに戻って決めた居酒屋、ゴーゴー亭。
あえて狙ったであろう、そのダサダサのネーミングセンス、
ある意味一か八かの賭けでお店に向かいます。
この時はまだ10月の頭だったけど、やっぱ北上の夜は寒い。

ゴーゴー亭は駅の反対側。
パンフの地図だけを頼りに、暗くなった駅前を探検気分で歩きます。
おー見えて来た、明るい農村…
明るい農村?

RIMG8279.JPG

すげー興味あるわ…

もう夜なので、駅前商店街は当然シャッターが降りている。
この時間は確か20時は回ってたと思うけど、
昼間はどうなんだろう。昼間もシャッター街じゃ寂しいよね。

RIMG8280.JPG

「黄金製麺所」。どんな麺を作ってるんでしょうか。

RIMG8284.JPG

正時堂ではなく、その先の「みそなっつ」が気になりました。

北上駅前を歩いていると、いい感じに年月の経過した建物が
結構建っています。もう夜で余り見えなかったけど、
明日の午前中は北上駅前を探索しようか、なんて話してました。

RIMG8286.JPG

お目当てのゴーゴー亭のあるアーケードが見えてきました。
この日は土曜日だったけど、人は少ししかいません。
ちなみに手前右の味のある建物は、デイサービスです。
こんなデイで働いてみたいなと思いました。

RIMG8287.JPG

そしてゴーゴー亭。
http://www.gogo-tei.com/
絵に描いたようなレトロ居酒屋。
ちょっとやりすぎな感じで、少し引いてしまいます(笑

RIMG8288.JPG

中も見事にレトロ調。やや強面のイケメン料理人達と
看板娘的なかわいい娘さんが走り回ってます。
いやー、ビールも日本酒もうまそうだ。
この暗すぎず明るすぎない店内がいい。

RIMG8290.JPG

カウンターに座ると目の前にはシブいサイダーの瓶。
注文すればちゃんとこのラベルの商品が出てきます。

RIMG8296.JPG

塩もつ煮込み。さっぱりしててうまい。

RIMG8307.JPG

さんまの刺身。北上はすぐ近くに海があるわけではないけど、
埼玉で食べるよりははるかに新鮮。プリプリしててうまい。
奥さんは「なんでこんなにさんまがうまいの!?」と感激。
個人的には後ろのメニューに書いてある「はげあたま」が
気になります。焼酎は呑めないんであきらめたけど。

RIMG8310.JPG

これは…名前は忘れちゃいました(汗
ばくだん炒めだかなんだか、そんなだったような。

写真は撮ってませんが、この店のHPにもあるように、
おでんも食べました。よく味が沁みててうまかったなあ
あと、仙台麩がよかった。

RIMG8315.JPG

散々呑んで食ってお会計です。
レジも、昭和初期のものがどーんと置いてあります。
使ってなかったけど(笑
呑み代はまあ普通。チェーン店の庄○で呑むのと同じくらいです。

最近場末の居酒屋風にビールケースのテーブルだったり
チープな丸椅子をわざと使ったりする居酒屋があるけど、
そういうところに限って何故か高くついたりします。
チープさを演出したって高くちゃ意味がないだろう。
このゴーゴー亭はそんなことありません。
普通の居酒屋と同じくらいの予算で呑める店です。

RIMG8320.JPG

ほろ酔い気分でフラフラ北上駅前を歩きます。
暗い夜道にところどころ見える居酒屋、スナックのネオン。
土曜の夜にこれは少し寂しい気もするけど、
眠らない街より眠る街の方が自然な気もする。

いつものようにコンビニに寄り、就寝前の晩酌用に酒を買います。
コンビニと言ってもここは北上。呑み飽きたワンカップではなく、
ご当地の酒で晩酌です。

RIMG8324.JPG

8月末の大阪旅行は「今夜も生でさだまさし」とかぶってました。
そして約1ヶ月後のこの日も「今夜も生でさだまさし」。
北上の東横インで、生さだ見ながら岩手誉をゴクリ。
山と川と宮沢賢治と鍾乳洞と居酒屋探索、ご当地の酒。
いや〜たまらん!

<続く>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

東北鈍行列車の旅 滝観洞 [東北鈍行列車の旅]

皆様、新年あけましておめでとうございまっす。
新年早々数年ぶりに打ったスロットで勝ってしまって、
いい年なのか早くもツキを使い果たしたのか(笑
おかしな元旦でしたが、ゆるゆるいきたいと思ってます。

ゆるゆるな正月の一発目のブログ更新は、
去年10月の鈍行列車の旅からスタートしたいと思います。

宮沢賢治記念館やイギリス海岸など、
有名どころを制覇した後向かったのは、
比較的マイナー(?)な鍾乳洞、滝観洞(ろうかんどう)。
思いつきでやってきた鍾乳洞には、男のロマンがありました。

入口付近に滝観洞の説明書きがありました。以下抜粋。
-------------------------------------------------------------------
 洞窟は、入口から奥まで約800m、周囲の岸壁は、白黒のまだら模様の大理石に似た石灰岩が続いていたので、「大理石で豪華な、自然の宮殿」と云われた。
 奥の突当たりには約20坪程の滝つぼがあり「天の岩戸の滝」と称される道内にある滝では落差日本一(29m)の滝がある。〜以下省略
-------------------------------------------------------------------
800mって、けっこうな長さです。
しかも中に滝! ドキドキします。ムフ。

RIMG8213.JPG

意外と賑やかな入口付近。ちょっと興ざめ(笑)。

RIMG8215.JPG

しかしこの素堀りトンネルでボルテージは上がってしまう(笑

RIMG8220.JPG

中に入ると…意外と明るい。電灯がしっかりついてます。
ビビリーな僕にとっては、これくらいの“冒険”が合ってる。

RIMG8222.JPG

ここは低い。他にももっと天井が低かったり、
横幅が狭かったり、結構ガツガツ頭やら何やらぶつけました。
ヘルメットは強制着用だけど、確かにかぶらないとダメ。
そうそう、長靴にも履き替えなくちゃ入れません。
洞内では足下に地下水の河が流れていて、結構濡れる。

RIMG8238.JPG

これは洞穴サンゴ。ちょっと気持ち悪い。
サンゴ のような 形をした鍾乳石です。

RIMG8241.JPG

これは乳房の岩。もちろん両手で触ってみた(笑

RIMG8247.JPG

滝まで400m、ほぼ中間地点にて。
洞窟はこんな感じになってます。
結構アップダウンも激しく、体力がいります。
濡れてて滑るし。

RIMG8263.JPG

地底の河にかけられたコンクリの橋。
下に流れる河は完全に底まで見えてます。透明。
陸の河もこれくらい澄んでたら最高なんですが。
あ、でも前回の旅行記で紹介した北上川もかなり澄んでました。

RIMG8267.JPG

奥でザーーッと滝の音が聞こえてきます。

RIMG8272.JPG

急に洞内が広くなり、そこには観音様が。
怖いような、でも神秘的な…拝みました。
そして…



思わず動画を撮ってしまったww
写真も撮ろうと思ってシャッターを押すと、
レンズが出て来た…と思ったら引っ込んでしまった。

な、なんだ、霊の仕業か!?

…よくよく考えてみれば、洞内の湿度は100%に近い状態で、
滝からの水しぶきも結構凄かったので、中に水が入って壊れた?
この前修理したばっかなのにまた壊れたか…
仕方なくケータイで何枚か写真を撮り、
まあこれまでたくさん撮ったから仕方ないと
気を取り直して戻りました。
でも、滝には本当に感動したし圧倒されて、
カメラが壊れたショックはそれほどじゃなかった。

動画撮っといてよかったねと話しながら、
日が沈みかけてだいぶ暗くなった山中を
北上駅へ向かう車中で、一か八かでカメラのスイッチをONにすると。
ウイーン、シャーッ
レンズが出て来た!

RIMG8274.JPG

これは推測だけど、水滴が入って一時的にカメラが壊れたけど、
1時間ほど経ってその水滴が乾いて直ったのではなかろうかと。
まあ何にせよ、こないだ大枚叩いて修理したばかりの
デジカメが直って、ほっと胸を撫で下ろしたのでした。

オカルト好きな人は、霊が撮られたくなかったから
一時的にデジカメを壊した、なんて言うかもしんないな(笑

北上駅でヴィッツを返却し、連泊する東横インへ一度戻ります。
休憩しつつ、今夜はどこで呑もうかーとフロントから持って来た
パンフやらチラシやらを眺め…「ゴーゴー亭」に決定。
レトロなインテリアで統一された、ある意味オシャレ、
ある意味コテコテの居酒屋で呑むことにしました。
この手の店は、インテリア等にこだわり過ぎて
肝心のお酒や肴が疎かだったりもするんですが、
さすが北上、んなことあるわけない。

<続く>
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

東北鈍行列車の旅 花巻〜滝観洞 [東北鈍行列車の旅]

前の晩は少し呑んだけど、適量(笑
おかげで心地よく目覚めた3日目。
今日も北上はいい天気です。
3日目の今日は、奥さんのたっての希望でもある、
宮沢賢治記念館へ、レンタカーでレッツゴー。

東北ローカル線パスは駅レンタカーが安く借りられるので、
前日に北上駅で予約しておきました。
東横インの無料朝食サービスを食し、駅に向かいます。

RIMG8105.JPG

夜20時までに返却すればよし。
車は定番の、トヨタヴィッツです。
使い慣れないナビを操作し、花巻へゴー。
宮沢賢治記念館は、胡四王山のてっぺんにあります。

RIMG8114.JPG

空気もおいしい山の中で、土曜日の朝ということもあり、
来る途中も道はすいていて、気持ちよく走れました。
なんだかここだけ浮世離れした感じで…好きな空間でした。

RIMG8119.JPG

入り口にはこんなものが。
真ん中に座って写真が撮れます。
これは何をモデルにしたのかな?

RIMG8124.JPG

記念館の中の、ベランダから臨む眺め。
天気にもめぐまれて素晴らしいの一言。
これが真冬になれば、真っ白な銀世界に…

僕はそんなに宮沢賢治に思い入れがあるわけではないけど、
ちょっとこの記念館はハマる感じでした。
特に、学校の先生を辞める時に生徒達に送った「告別」という詩がよかった。
最後の一節を紹介します。
------------------------------------------------
多くの侮辱や窮乏の それらを噛んで歌ふのだ
もしも楽器がなかったら
いゝかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ
------------------------------------------------

宮沢賢治記念館で2時間ほど過ごした後、
胡四王山をちょっと歩いてみます。

RIMG8130.JPG

ここは胡四王神社。

RIMG8133.JPG

けっこう歴史のある神社のようです。
ひっそりとしていて、よかったなあ

RIMG8138.JPG

こちらは神社に向かう別ルート。
こんな感じの急な階段と鳥居を見上げる感じ、好きです。

RIMG8143.JPG

山はまだまだ見所があって、ここに1日中いてもいいくらい。
ちょっと疲れても、遊歩道を全部歩きたい衝動にかられました。
(でも歩いてないけどww)

RIMG8151.JPG

今度は、えげれす、いや、イギリス海岸に向かいます。
海じゃなくて川(北上川)だし、日本だけど、
ちょっと水がひいて白い泥岩が出てくると、
それがイギリスのドーバー海峡に似てるってことで
賢治がそう名付けたそうです。
ここはかなりの昔、まだヒトも誕生してない頃は海だったそうです。

RIMG8166.JPG

とにかく水がきれいでした。
のんびり2kmくらい歩きながら写真をパシャパシャ。

RIMG8173.JPG

荒川や入間川もこんな風にきれいならいいんだけど、
んなわけねえもんなあ(笑

RIMG8191.JPG

最初の目的だった宮沢賢治ゆかりの場所を出て、
なんとなーく釜石港方面へ。うまい寿司でも食おうかと…
でも時間的に微妙な感じ。港の寿司屋は早く閉まるからね。

RIMG8196.JPG

昼食で立ち寄った道の駅でみつけたポスター。
水木しげるブームだなあ The Legend of Tono 2010か。

RIMG8198.JPG

これは道の駅付近にあった「めがね橋」。
時間もなかったので写真はこれしか撮ってないんだけど、
なかなか面白い建造物です。好きだなあ 釜石線だっけ?
今度岩手に来たら、釜石線にも乗ってみたい。

釜石港の寿司を諦め、日本三大鍾乳洞、龍泉洞に行こうと
予定変更するも、それも微妙な時間。
大体鍾乳洞って16時半には閉まるからね。

なので、もう少し近い滝観銅(ろうかんどう)に目的地を変更します。
全く滝観銅については情報がなくて、たまたま標識で見つけて
「面白そうだし近いから行ってみよう」と思っただけなんですが…
いやこれがまた。

RIMG8206.JPG

山の中の川はどこも澄んでて素晴らしい。
当たり前と言えば当たり前だけど。
見てるだけで僕の歪んだ心も洗われます(笑

そして16時頃、念願の滝観銅に到着。

RIMG8207.JPG

入り口付近は工事中だったけど、ちゃんと中に入れました。
地底湖が売りの龍泉洞を諦めて滝観銅に来たわけですが…
いや、なかなかどうして、すげーよ。

まだまだ続きます。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

東北鈍行列車の旅 会津若松〜北上 [東北鈍行列車の旅]

会津若松の夜は美味い酒で閉じた。
飲み過ぎることもなく、二日酔いにはならずに起きた2日目、
携帯で電車の時間を調べ、1002会津若松発に乗ることを決めた。

東横インの1階で無料朝飯を食す。外はとてもいい天気。
10時まで少し時間があるので、駅周辺を散策し、
それから駅に向かうことにする。

RIMG7964.JPG

駅で東北ローカル線パスの案内を発見する。
金土日の3日間、わずか6000円で
東北6県の鈍行列車、全て乗り降り自由。
これから鈍行列車でひたすら北上しようと言う時に、
なんと魅力的な切符なんでしょか。

東北ローカル線パスを駅員に見せ、改札を抜ける。
さあ出発。
今日の目的地の北上までは、途中下車しなくても7時間。

RIMG7976.JPG

車窓から磐梯山…おお
途中居眠りをかましながら、1時間ちょっとで郡山に着く。
郡山で待ち時間が40分ほどあったので、
ローカル線パスの特権を利用して途中下車。

RIMG7991.JPG

味気ないが格安の東横イン北上駅前を電話予約し、
駅前で写真を撮ってると、地元TV局のレポーターらしき人から
声をかけられた。何を聞かれるかと思いきや、
「好きなジブリ作品は?」
郡山で何故この質問(笑
素直にナウシカと答えると、好きなシーンや、何故そのシーンが
好きなのかといろいろ突っ込まれ…そして次の質問は、何故か
「嵐の歌で知ってる歌はありますか?」
ジブリから嵐??(笑
素直にデビュー曲しか知らないと言うと、タイトルを聞かれたので、
わからないのでサビを歌わされるハメに。
「ほら、あれですよ、あれ。
 あーらーしー、あーらーしー、あーらーしー」
そのVTRが使われたかどうかは知る由もありませんが、
なかなか貴重な体験をしました。

さて、気を取り直して郡山から再び乗車。
会津若松ー郡山間は2両だったけど、ここからは4両です。
東北本線は比較的平地を走るので、そこはちょっと物足りない。
約50分で福島に到着。12時43分。いやーいい天気だ。

RIMG8001.JPG

福島発仙台行きの電車まで17分あったので、
福島駅ビルの中へダッシュし昼飯を買う。
結構ギリギリの時間で電車に戻ると、ボックス席は全て埋まっていた…
しまった〜
出入り口脇の2人掛けの席に座り、ボックス席が空くのを待つが、
一向にその気配がないので、仕方なく2人で食べ始めると、
直後に止まった駅でけっこう多くの人が乗って来てしまい、
なんだか気まずい雰囲気(笑
すいません、モシャモシャ食ってます。
駅弁は高いので、ワンコインのフツーの弁当を買ったけど、
旅のおかげか、意外とうまかったです。

RIMG8012.JPG

仙台に到着したのは14時13分。
やはり30分ほど余裕があったので、駅前まで移動し、写真を撮りました。
仙台で降りるのは初めてだけど、しっかり整備されてて、
人も多すぎず少なすぎず、なかなかいいとこです。
そんでトイレに入るとこんなものが。

RIMG8015.JPG

花瓶の代わり? 何かのおまじない?
トイレでシャッター切るのは少し気が引けましたが(笑
思わず撮ってしまいました。

そして仙台発一ノ関行きに乗り、かの有名な松島にて途中下車。
松島には去年来てるので、今回あまり写真は撮ってないけど、
いやあ、やっぱ何回来てもいい。
松島海岸までタクシーで移動。
タクシーの運転手さんといろいろ話したけど、
目的地が北上と聞いて、「何もないのに」と驚いてました(笑

RIMG8020.JPG

これは瑞巌寺五大堂。
その後は円通院に移動します。円通院への移動中、こんなものを発見。
和紙で作った松尾芭蕉だそうですが、ちょっと怖いww
少し手をケガしてます(笑

RIMG8025.JPG

素晴らしい緑に囲まれた円通院。一部紅葉もしてました。

RIMG8037.JPG

そのまま瑞巌寺に抜けます。こりゃ遺跡だな。

RIMG8050.JPG

お詣りしてから、帰りは松島駅まで歩きます。

RIMG8062.JPG

こんな料亭に感心しつつ、普通の住宅街を抜け、みつけた廃墟。
おおお

RIMG8071.JPG

松島駅まで、30分ほど歩きました。
電車に座りっぱなしだったので、丁度いい散歩になった。
そのまま松島駅を出発し、一ノ関駅で乗り換え。
もう日が陰って来ました。

RIMG8079.JPG

うまく写真には撮れなかったけど、綺麗な夕焼けが見れた。
うちの方より空気が澄んでるから、当たり前と言えば当たり前だけど、
よかったです。

目的地の北上駅には19時半頃到着。
会津若松を出てから松島を挟み、9時間を超える旅でした。
こんな絵が僕らを迎えてくれた。

RIMG8084.JPG

北上駅は、上越新幹線だと浦佐駅のような…(ビミョーなたとえww)
なんでここを目的地にしようと思ったのか自分でも不明だけど(笑
この寂れた感じ、嫌いじゃないです。

ホテルにチェックインを済ませ、夕べ呑んだので今夜は普通に食事。
のはずが…

RIMG8091.JPG

1杯だけです(笑 うまい…
そして桑蕎麦。

RIMG8092.JPG

さらに肉蕎麦。う、うまい。

RIMG8095.JPG

そしてコンビニに寄ってワンカップ。
といってもただのワンカップじゃない。う、うますぎ。

RIMG8099.JPG

この東北鈍行列車の旅は、酒ツアーだったのか?
まさに理想の展開で旅は過ぎていくのであった…
明日は宮沢賢治です!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

東北鈍行列車の旅 〜会津若松 [東北鈍行列車の旅]

9月末から10月頭にかけて、東北を旅してきました。
簡単なレポートは既にアップしたけども、
ここで割と詳細な(笑)旅行記を。

出かけたのは9月30日の昼過ぎ、
午前中ダラダラしたあと、急遽思い立って
奥さんとともに電車に乗りました。
東北方面に行こうというのは決めてたけど、
宇都宮線じゃイマイチ面白くない。
そんなわけで、東武線に乗ってガタンゴトン。
親戚が旧今市市(今の日光市)に住んでるので、
その近辺までは行ったことがあるけど、その先は未体験。
無人駅もたくさんあるので、どんな感じかなと
ワクワクしつつ旅に出ました。

途中乗り換えの際、目的地を会津若松に決め、
会津若松の東横インに予約電話。
温泉旅館に泊まれれば最高だけど、
現実は2人で7000円で泊まれる東横インがリーズナブル。
それに、旅館でのんびり呑むのもいいけど、
その土地を歩いて、美味そうな居酒屋を探すのも楽しいしね。

RIMG7902.JPG

お菓子を買い込んでガタンゴトンと揺られつつ。
新幹線もいいけど、こういうのが旅らしくていい。
下今市を経由し、東武鬼怒川線へ。

RIMG7918.JPG

龍王峡。日光の先の渓谷。ここはトンネル駅。
ホントはもっと写真を撮りたかったんだけど、
丁度車掌さんが切符切りに来てて…
トンネル駅というと、上越線の土合駅が有名だけど、
東武線にもあったというのは発見でした。

RIMG7929.JPG

新藤原で乗り換え、さらに会津田島でも乗り換え。
これは野口英世電車。
車体に、野口英世の母、シカさんの手紙が描かれてます。
ちなみにお姉さんの名はイヌです。

RIMG7939.JPG

会津田島を抜け、西若松で只見線に乗り換え。
これは赤ベコ電車。会津では赤ベコが有名なので。
なんかかわいいです。
地方に行くとこういう電車はよくあります。

RIMG7941.JPG

会津若松駅にあった赤ベコ。
ゆるキャラブームだからねえ。

RIMG7942.JPG

これは若松城? かなり微妙な気がします(笑

20時半に会津若松に到着し、
早々にホテルにチェックインし、街を歩く。
田舎の夜は早いというけれど…確かに真っ暗。
店の数は思ったよりも少ないです。
チェーン店の居酒屋は開いてるけど、
そんなとこで呑んでもつまらないし。
うろうろと駅前を彷徨い…
2軒ほど良さそうなところをみつけ、
一か八かで「作蔵」なるお店に入りました。
ビールの値段を隠すお店が多い中で、
ここは500円と明記してたので。

RIMG7944.JPG

入って値段を見た時は、500円以下のつまみがなくて
失敗したかと思ったんですが、お通しがおいしくて。
量もなかなかのもんです。

RIMG7952.JPG
RIMG7953.JPG

ビールジョッキも大きいし、
つまみの量はなかなかのものがありました。
2人で食べるには結構な量。しかもうまい!

RIMG7959.JPG

日本酒もしっかり呑んで、堪能しました、作蔵さん。

RIMG7960.JPG

帰り際に、お店を切り盛りしてたお姉さん(とあえて言う)に
写真をお願いしたんですが、頑に拒否されまして(笑
店内はこんな感じ。いやあ、また行きたいなあ。

RIMG7962.JPG

その後コンビニに寄り、うちの近所では見当たらない酒、
「鬼生」を購入しホテルの部屋へ戻りました。
鬼生呑みつつ会津の夜はふけていきます…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
東北鈍行列車の旅 ブログトップ